Life Create Tokyo:パーソナルトレーナーを取得する理由

Life Create Tokyo:パーソナルトレーナーを取得する理由

Life Create Tokyoへようこそ!私たちの認可されたパーソナルトレーナーは、あなたの能力とフィットネスの目標に応じて合理化できるフィットネスプログラムを提供します。あなたは自分でフィットネスプロセスを経る必要はありません。ライフクリエイト東京には、ワークアウトルーチンの実行を支援できるプロのトレーナーが多数います。 

私たちのフィットネスプログラムは、クライアントがフィットネスの目標に向かって取り組んでいるときに燃え尽きたと感じないように注意深く設計されています。ここライフクリエイト東京でトレーニングセッションに登録する必要がある理由は次のとおり

です。個別のアドバイスを得ることができます

。身体活動の実行に関しては、体型、体型、能力が人によって異なります。これは、他の人のために働くものは何でもあなたのために働かないかもしれないことを意味します。 

パーソナルトレーナーがいることで、あなたの個人的な要件に応じた専門的なアドバイスを得ることができます。インターネットやジムの仲間からの一般的なヒントやテクニックに頼る必要はありません。

パーソナルトレーナーはこの分野で十分な知識と経験を持っているので、個人的な懸念について尋ねるだけで、信頼できる役立つアドバイスを受けることができます。 

彼らは長期的な目標を設定する際にあなたを導きます

人々はしばしば彼ら自身のために適切な研究や目標を設定することなくフィットネスプログラムやトレーニングルーチンに真っ向から飛び込みます。これにより、トレーニングプログラムの途中で、すぐに重要な結果が得られない場合に、人々は道に迷い、やる気がなくなったと感じることがよくあります。

さらに、長期的に何を達成したいのかを知らずに、単に毎日トレーニングルーチンを実行することはお勧めできません。 

これを回避するために、パーソナルトレーナーが達成可能な目標を設定するのを手伝って、運動する気分がないときに何かを保持できるようにします。また、期待した結果が得られなかったときに失望したりしないように、これらの目標が現実的であることを確認します。

パーソナルトレーナーは、あなたの能力、体型、そしてあなたが一定期間内に達成しようとしている目標を考慮します。これらを使用して、彼らはあなたの計画が実行可能かどうかを決定します。そうでない場合は、改善のために変更または変更できるパーツについての洞察を提供できます。 

たとえば、夏が始まる前にビキニのボディを自慢することを目指している場合、引き締まったお腹を取得して最適な結果を期待するために単にクランチを実行することはできません。代わりに、パーソナルトレーナーが、カロリー摂取量を追跡し、ワークアウトルーチンにウェイトとカーディオを含めるようにアドバイスする場合があります。

彼らはあなたが必要とするすべての情報を持っています

パーソナルトレーナーはフィットネス業界の熟練した専門家です。彼らは、クライアントを支援するために使用できるすべての必要な知識と経験を習得するために、数多くの研究とトレーニングプログラムを経験してきました。 

あなたのパーソナルトレーナーはあなたがあなたのルーチン、食事療法およびあなたが興味を持っている他のフィットネス関連の問題に関してあなたが必要とするかもしれない正しい情報をあなたに提供することができます。彼らはまたあなたがあなたの身体能力とフィットネスの目標に最もよく合うであろうあなたが使うことができる適切なジム設備についてあなたに知らせることができます。 

あなたのフィットネスに取り組むことはあなたがジムで過ごす時間やあなたがするクランチの数だけではありません。また、これらのエクササイズに対する身体の反応、これらのルーチンから得られるメリット、および実行できるその他の身体活動についての適切な理解も含まれています。 

さらに、あなたの体の健康を維持することはまたあなたが最良の結果を得るためにあなたが消費することができる食物の種類についての知識を持つことを含みます。体への影響に関係なく、提供されているものをすべて食べるだけでは、目標を達成するのに苦労するかもしれません。

パーソナルトレーナーは、誤った情報を心配する必要がないため、フィットネスへの旅をより簡単で楽しいものにします。インターネットを閲覧して正確な情報を探す代わりに、パーソナルトレーナーが、知識に慣れるまで各概念を理解するのに役立ちます。

彼らはあなたを軌道に乗せることができます

パーソナルトレーナーを持つことの利点の1つはあなたがあなたのフィットネス目標に向かって一生懸命働くことにもっと意欲的になるということです。ベッドから出てジムに行くのが面倒だと感じるときはいつでも、トレーナーはあなたがあなたの目標に固執しなかったことに対してあなたに責任を負わせます。

あなたが毎日あなたの目標にコミットすることを確実にする誰かがいることは素晴らしいことです。トレーニングに意欲がないときにトレーナーがいなければ、怠惰に簡単に屈する可能性があります。あなたを励ます人がいない場合、あなたはジムの日をスキップする可能性が高くなります。

さらに、トレーナーがジムであなたを待っていることを知っていると、ベッドにとどまるのが難しくなります。あなたの不在のヘッドアップなしで現れないか、彼らを待たせ続けることは専門家ではありません。

彼らはあなたの形と姿勢修正するのに役立ちます形と姿勢

を運動中に適切なを維持することはあなたの怪我のリスクを減らすのに役立ちます。初心者の方は、ジム設備の正しい使い方や、ウェイトリフティングの正しい姿勢や姿勢がわからない場合があります。

パーソナルトレーナーは、エクササイズに必要なジム設備やマシンの使い方を実演できます。さらに、これらの装置にアプローチする正しい方法を知っていれば、フィットネスルーチンはより効果的になります。 

彼らはあなたに役立つ栄養指導を提供することができ

ますあなたのトレーナーの知識とスキルはジムのルーチンとエクササイズだけに限定されていません。ほとんどのトレーナーは、健康的な食事を維持するための適切なアドバイスをクライアントに提供できるように、フィットネスと栄養に関する多数の認定を受けています。  

エクササイズの種類

有酸素エクササイズ

有酸素エクササイズは、肺、筋肉、心臓の状態を改善します。それらは、2型糖尿病、心臓病、および特定の種類の癌のリスクを減らすのに役立ちます。このタイプの運動の利点は、気分や睡眠の質を改善するため、身体的なものだけではありません。

日常生活に取り組みたい場合は、次のエクササイズを試すことができます。

  • ウォーキング -倦怠感を感じずに身体を活発に保ちたい場合は、少し息が切れるまで早歩きを試すことができます。このルーチンを毎日のスケジュールに組み込むことができます。 
  • サイクリング -このアクティビティは、フィットネスを向上させるだけでなく、体力を強化します。これは、関節に過度の圧力をかけずに脚の筋肉を鍛えたい人に最適です。
  • ジョギングやランニング -これには、ウォーキングやサイクリングよりも多くのエネルギーが必要です。より厳密なトレーニングが必要な場合。 
  • 水泳 -この活動はあなたの全身を運動させるのに十分です。これは、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなどで関節炎やその他の関節の問題を抱えている人に最適です。 

ルーチンで次の量の有酸素運動を行うと、最適な結果が得られます。

  • 中程度の強度:週に2時間半(150分)週に 
  • 激しい強度:1時間半(75分)

筋力運動

これらの運動は、腕や脚の筋肉を増強または強化したい人。これらは通常、ウェイト、抵抗バンド、機械などの機器を使用して実行されます。これらの演習を実行する際に、家庭用品を試すこともできます。

怪我の原因となる可能性があるため、ウェイトを持ち上げるときは注意してください。最軽量のアイテムから始めて、徐々に重量を増やしていくのが良いでしょう。 

強化運動は、骨の強度と筋肉量の早期低下を防ぐのに役立ちます。これとは別に、強い筋肉は良い姿勢を改善し、腰痛を獲得するリスクを減らします。 

これらの強化運動を有酸素運動と組み合わせることができます。このルーチンは、少なくとも週に2回実行することをお勧めします。骨や筋肉に損傷を与える可能性があるため、ルーチンをやり過ぎないようにしてください。

柔軟性のエクササイズ

これらのエクササイズは、全体的な柔軟性を向上させ、可動域を広げます。ヨガのポーズ。これらのエクササイズを実行するには、筋肉をけいれんさせたりバウンドさせたりせずにゆっくりと筋肉を伸ばす必要があります。 

筋肉に負担がかからないように、難しいストレッチに移る前に、最も穏やかなストレッチから始めてください。ストレッチを約10〜60秒間保持します。体のどの部分も痛くないことを確認してください。そうしないと、自分を傷つける可能性があるため、これらの演習にゆっくりとアプローチしてください。 

これらのエクササイズをエアロビクスと組み合わせることができます。たとえば、ジョギングに行く前にいくつかの脚のストレッチを実行したり、水泳に行く場合はいくつかの腕のストレッチを実行したりします。

これらの活動は、柔軟性に取り組むだけでなく、バ​​ランスと強さも高めます。これらのエクササイズでは、ヨガやピラティスのいくつかの姿勢とストレッチテクニックを使用します。これらはまた、関節痛、筋肉のけいれん、緊張、および他の健康状態などの多くの病気を防ぐことができます。 

これらのエクササイズは、高齢者が可動域を広げるために推奨されます。 65歳以上の人の場合、柔軟性のある活動は少なくとも週に2日行う必要があります。